脂肪吸引でシャープな顔やメリハリのあるボディラインを手に入れる

  1. ホーム
  2. 脂肪吸引治療の進み方

脂肪吸引治療の進み方

ビフォーアフター

カウンセリング

脂肪吸引などの美容手術を実施する場合、必ず事前にカウンセリングを行っていきます。これは脂肪吸引を行う部位や吸引する量に関わらず必ず実施されるものです。実際に施術を行っていく医師と一緒になって施術をどう進めていくかを決めていきます。カウンセリングは不明点をなくし、安心して施術を受けられるようにするためのものです。なので、遠慮することなく、気になることは何でも聞くようにしましょう。

術前の検診

カウンセリングを終えて脂肪吸引手術をすることが決まったら、次に術前の検診を行っていきます。これは脂肪吸引を行っていくのに適しているかどうかを確認するための検査になります。検査の内容はクリニックの設備などによって若干異なってきますが、主に超音波などを使用して検査をしていきます。筋肉の劣化によるものや、内臓についた内臓脂肪が原因となる場合は吸引できる脂肪がなく、脂肪吸引を行っても効果が期待できないので断られる場合もあります。

手術

検診で問題ないことが確認されたら、いよいよ脂肪吸引手術を行っていきます。脂肪吸引手術は全身麻酔を使用するので痛みはありません。麻酔が効いてきたのが確認されたら吸引していく脂肪に特別な液体を流し込み脂肪を分解していきます。そうすることで脂肪を吸引しやすくするわけですね。手術完了後は1、2時間程度安静にします。体調が落ち着いてきたのが確認できたら帰宅できます。

経過観察

術後の経過についても確認しておきましょう。脂肪吸引手術を行ってから一週間程度は吸引を行った箇所が腫れることがあります。これは吸引を行ったことで体の内部で内出血が起こってしまっているためです。ですので特に心配する必要はありません。吸引を行ってから2週間ほど経過すると患部の腫れがひきはじめます。この頃になるとスポーツなどで汗をかいたり体を動かしたりしても大丈夫になります。手術を行った箇所の組織が再形成され術前の状態に戻るまでには2、3ヶ月ほどかかるということを覚えておきましょう。

術後の定期健診

ほとんどのクリニックでは術後何回かに分けて定期健診を実施してくれます。担当してくれた医師が患部の状態を見て、異常がないかどうかを確認していきます。定期健診は一ヶ月ごとに行われることが多く、3ヶ月目の定期健診で問題ないと判断されれば、アフターケアも含めて脂肪吸引手術が完了したということになります。